クルマに乗っている方ならば分かっていると思いますが、自動車税が課税されます。そしてこの税金は手放す愛車の売却の際に一般的に還ってくるものなのです。これって実行したら直ぐに頭に入ってきますが順に簡易的に説明していきます。事前に補足しておけば、国産で生産されている自動車だけでなくアメ車等も税が返還される対象に決まってます。自動車も当てはまります。自動車税というのはクルマを持っている人が支払い義務を負う税ですが、この金額は自動車の排気量の大きさ毎に規定されています。1リッターより小さいならば29500円となり1リッターから1.5リッター以下までなら34500円です。これ以降は500ccずつ5000円が乗ってきます。この税は4月1日の時点のオーナーが年度内の税金を納付する義務があります。ということは前払いになるので、車を売却して所有権を失った際などは先に払った分の税は戻ってくるのです。この自動車税というのは先払いで年度内の税金を払いますから、その年度内に車を引き取ってもらった際は新しい保有者がお金を納めなければいけないということになります。売却先が買取専門業者であれば、売却時に所有者が支払いすぎた税金を返してくれます。要は、所有権を手放した日より後の税金は新しい所有者が支払い義務を負います。もし10月の間に愛車を売却した場合は11月以降次の年の3月までの払った税金は戻ってくるのです。というのも前述した通り自動車税というのは一年分を前払いしているという事実から来ています。つまり前オーナーは売却相手に払いすぎた税金を返金してもらうということなのです。個人でクルマを売買するときに、結構このような重要な事実を忘れている方が見受けられるので、ぜひ確かめるようにしましょう。自動車税という税金はクルマを手放すと返金されることを意外に知られていないからと言ってその状況を説明しない悪徳業者もあるのです。自分から自動車税の返金に関して話を切り出さなければ、返金のことに関して言わないという場面もたびたび見られます。ですからクルマの買い取りをお願いする際には、払いすぎた税金が返ってくるか否かを確認することをおろそかにしないようにしてください。